スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子の健康を願うとは

 11, 2013 06:00
どんどん進化しています

病院にパンフレットが置いてありました。

1回注射すれば、今までのようにフィラリアの薬を毎月投与しなくてもいいそうです。

海外では10年以上使用され、安全性が確認されているお薬です。とも書いてありました。


でも、それって体への負担はどうなんでしょうか。

人間の都合を犬に押しつけているのではないでしょうか。



話は少し変わりますが、

昨日は、すみれが楽しみにしていた市の公園ドッグラン説明会に行ってきました。

説明会では、3種以上のワクチンを打ってあること。狂犬病の注射済みであること。

一日でも期限が切れていれば、その日はドッグランが利用できないこと などの

説明が利用者ボランティアの方によってありました。


すみれは今年の1月に狂犬病の注射を打っています。

先生からは「役所からは督促が来てしまうかもしれないけど、12月までに

次の注射はすればいいから。」と言われています。



昨日の説明会では
6月で24年度の狂犬病注射の期限が来てしまうと言われました。


ということは、すみれは6月から12月までドッグランは利用できないことになります。

遊ばせたければ、体の負担を無視して

6月までに次の狂犬病注射を打たなくてはいけません。

鑑札がなければ登録更新ができないので

鑑札が役所から送られてくるタイムラグも考えなくてはなりません。


説明会で聞いていて、とっても複雑な気持ちになりました。


ワクチンも、副作用が出るコもいると聞きました。

特に年をとると、ワクチンを打たなくてもいいのではないかという

考えの方もいらっしゃいます。


でも、ホテルやドッグランはワクチン接種済みを要求してきます。


外国では、ワクチンの接種は毎年ではなくてもいいとか?(勘違いだったらすみません。)


ワンコの健康を無視してまで、厳しくする必要があるのかな なんて考えてしまいました。



まあ、じゃあ反対に注射してないコがドッグランの中ですみれと接触することを

考えるとそれはそれで不安なのですが・・・。勝手ですね~。


すみれはまだこのドッグランを使用していないので

実際に遊ばせたら、それほど熱なく 飽きてしまう可能性もあるので

1年後、利用者でいるかは不明です。


昨日はとても複雑な気持ちになりました。



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
↑ 我が子には健康でいてほしいと思うのはみんな同じ。
スポンサーサイト

COMMENT - 2

NTL  2013, 02. 11 [Mon] 09:41

日本は規則が厳しいですね。
近くのドッグパークは誰でも入れるので便利な反面、どんな病気を貰ってくるかわかりません。わざわざドッグパークに犬を遊ばせに来る人は、犬を可愛がり、「それなりに」健康に留意してる、という前提なのでしょうが…
州のペット登録も、別に予防接種の証明を見せなくても、お金さえ払えば登録できます。なんの為の登録なんだか…

毎年健康診断に行くと、予防接種を打ちますが、毎年打たなくてもいいのもあります。
ハワイは狂犬病がないので、それは打ちません。
フィラリアの薬は一年中投薬しますが、わんこたちは、フィラリアのお薬が大好き!一年分貰ってきて、毎月与えます。ちっとも面倒なことはなく、注射があることも知りませんでした。

ワクチンは、米国では幼児に関することで問題になっています。副作用があるというのでワクチンを打っていない子供が増えている為、今まで減っていた病気がまた増えています。
自由の国米国では、ワクチンを拒否する自由を重んじる一方、一人の選択で多数に迷惑がかかる場合、事は複雑になりますよね。
難しいところです。

Edit | Reply | 

すみれママ  2013, 02. 11 [Mon] 17:56

★NTLさん

昨日の説明会では、少し前の新聞といって
日本の狂犬病注射率(畜犬登録)が5割程度だと
いう記事を見せてもらいました。

畜犬登録もされず、一生を終えていくワンコのことを思うと
せつないですね。

すみれを譲渡していただいて以来、さまざまな動物ボランティアの方の
活動に接し、多頭飼崩壊でレスキューされたワンコたちや
病気になりながらも治療してもらえなかったワンコのことを
知ると、やれフードはどこのがおいしいとか、お洋服は・・・なんて
いう生活をしているワンたちとの差を感じてしまいます。

日本でも、現在30歳くらいの若い人だと
予防接種は自己負担で(学校での集団接種を体験していない)やっていると
思うので、風疹などが流行ると若い人たちは大変だなと思いますね。

最近では、子宮頸がんワクチンの接種を勧めているようですが、
弊害があるような話も聞きますし、打った子どもたちに聞くと
とても痛くて腕が上がらなくなるそうなんです。

過ぎたるは及ばざるがごとし とはいいますが、
今 やったことが将来どうなるかというのは誰にも分からないことですから
難しいですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。