スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチンを打ちました

 19, 2014 13:37
1月に入ったら、すぐにワクチンをと思っていましたが、

私が体調を崩してしまったため、

病院行きが下旬に入ってしまいました。


すみれの体重は12.7キロです。いい調子です。



こんな加湿器が導入されていました


おかげさまで昨日土曜日にようやく熱が37度まで下がり(顔中湿疹が出ました。熱のせい?)

少し元気になったので、今日 日曜日に2人で歩いて病院までいきました。

私の体調を心配してコメントくださったみなさま。ありがとうございました。

久しぶりの病院で緊張しました~


ちゃんと調べていかなかったので、

いつも見ていただいている副院長先生はお休みでした。



証明書が写真入りです。身分証明書みたい


初めて、この病院にかかったときに見ていただいた若い男の先生に

チックンしてもらったのですが、

「最近きた患者さんで6年目にして初めて副作用が出たコがいるので

もし吐いたり、顔が腫れたらすぐに連絡ください。」と言われました。


ん~。ってことは危険があるってことだよね~。と思いつつ

来月ドッグランに行くことになっていて

初めて利用する人はワクチンの証明書が必要とのこと。

今回は必要に迫られてのワクチンでした。


すっごく喉が渇いて、ママが飲んだ分のお水までもらっちゃいました


帰り道に、歩いていて

すみれが吐いたのか? 白い泡が地面にありました。

すみれの歩く姿をじっと見ながら歩いていたのですが、

それでも あれ?? 今 すみれ吐いた??と

思うような吐き方でした。


振り返った本人の顔はけろっとしていましたが、

心配で心配でドキドキしながら帰宅しました。



その後、ベッドで少しぐったり寝ていたので

耳をさわったり、肉球をさわったりして

熱が少しあることを確認し、午前中静かに過ごしました。


今は、落ち着いて、ママに

「ぬいぐるみで遊ぼう♪」と誘えるくらいまで

元気になったようですが、

やはり来年はワクチンが残っているかどうか調べてもらおうと

思っています。




もも姉ちゃんのころは時代が時代だったからかもしれませんが、

子イヌの時に2度ワクチンを打っただけの犬生でした。


それでも病気知らずで18年以上元気に生きたのですから

本当にワクチンが必要なのか ということに疑問を持っています。



ワクチンについては諸説あるようなので

これが正解といえるか分かりませんが、

もも姉ちゃんが体現してくれた事実もあります。


とにかくかわいい我がコが苦しむ姿はみたくないです。

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。