スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お墓参りに行きました

 20, 2013 21:00
お彼岸なので、すみれを連れてお墓参りにいきました。

すみれもナムナムするのよ (640x487)


すみれもイイコで、待てました。2度目のお墓参りです。

すみれはもも姉さんにも会えたよと言っていました。

ご先祖さまに会えたね (640x511)



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT - 2

NTL  2013, 03. 21 [Thu] 04:48

お墓参りは心安らぎますね。
ハワイの人もよくお墓参りします。

私のような根無し族は、特定の地にお墓をもたないライフスタイルに変わっていきます。
この頃こちらでも火葬が多いのですが、灰になるまでの「完全火葬」です。
なので、猫のエマちゃんも、ちいさな入れ物に、サラサラの灰になって帰ってきました。
庭の片隅にブーゲンビリアを植え、そこの灰を撒きました。
全部撒いてしまうことは、どうしてもできなかったので、一握り残し、そのまたちょびっとをペンダント型のAsh holderに入れていつも身近においています。

どんな形でも、去って行った愛しいもの達に思いを馳せれば供養になるとはいうものの、年を取って少しづつわかってきた、「お墓参り」の大切さです。

すみれちゃん、ももちゃんにご挨拶出来て、よかったね。

Edit | Reply | 

すみれママ  2013, 03. 21 [Thu] 20:53

★NTLさん

最近日本でも自然葬というのが流行っているようで、
我が家の近くにある町田の霊園も
桜の木が植わっているあたりを何人もの人たちで分け合って
桜の樹の下に納骨するという方法を取り入れて人気が出ているようです。
私はハワイには行ったことがないのですが、
自然葬が似合う土地柄のようなイメージを
勝手にもっています。
昔、ニューカレドニアにいった時に
自然葬が似合う土地柄だなって思いましたが、そんなイメージです。

先代犬のももは、実は私の亡くなった祖母が
「犬のかぶりもの」を
かぶって犬のふりをしていたのではないかとずっと疑ってきました。笑

もっと孫の私と一緒にいたかった祖母が、亡くなった直後に神様にかけあって
「なんでもいいので、いますぐあの子のところに戻してください。」って
お願いした結果
「今はこれしか用意できないよ・・・。」って
用意してくれたのが、もものかぶりものだったんじゃないかと思うんです。


ももは犬なのに、なんだか目つきや様子が祖母によく似ていました。
おっとりして犬のくせになんだか達観したようなところもよく似ていました。

私はよく「ももは夜中に背中のチャックをあけて、かぶりもの脱いでるんだよね~。」って
言ったものです。
「だから、家族が夜中に起きてくると慌ててかぶりものをかぶるから
時々耳のあたりがずれちゃうんだよね。ねえなんか今日もずれてない?」なんて話していました。

だから祖母のお墓をももとお参りするのは、なんだか変な感じでしたし、

最近になってすみれの中にももを見つけた今、すみれと祖母のお墓参りをするのは
本当に変な感じがします。

今度は祖母だったももがすみれになって私のそばに寄り添っていてくれるのかもしれません。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。